• 自動車保険の種類について

    • 自動車保険は大きく分けて、自動車損害賠償責任保険と任意保険に分けられます。

      自賠責保険は、全てのドライバーに加入が義務付けられている保険です。

      自動車を購入したときや、車検を受けるときに加入します。

      立体駐車場のメーカーの情報はここで調べよう。

      この保険は人身事故にのみ適用されます。
      保険料の上限は、障害で120万円、死亡で3000万円です。

      さらに重度後遺障害の場合には、4000万円まで保証されます。一方任意保険は加入は個人の自由ですが、自賠責保険でまかなえない部分を補います。

      対人賠償保険は、交通事故で運転手や歩行者にケガを負わせたり、死亡させたりしたときに自賠責保険を上回る金額を保証します。

      対人補償保が支払われるのは、自分ではなく相手です。



      交通事故でモノに損害を与えると、対物賠償保険が適用されます。
      バスやタクシー、電車などと事故を起こして業務を妨げた場合も保証されます。

      また自損事故保険は、自賠責保険や対人賠償保険で適用されない自分への保険です。通常の単独事故では相手に過失が全くない交通事故で、ドライバー本人が負傷し死亡しても保険料は受け取れません。



      運転手の責任で事故をおこしてしまったときに、自損事故保険に加入していると保険金が支払われます。対人賠償保険に加入すると自動的に付与されます。


      そして最近身近になっているのが、人身損害補償保険です。交通事故で自動車に乗っていた人が死亡したりケガをしたりすると、過失の有無にかかわらず保険料がもらえます。

  • 駐車場の認定の専門知識

    • 自動車を利用すること

      自動車というのは、今では日常で利用する乗り物として、多くの人が乗っているのです。自分で運転をして、通勤や通学、買い物などの用事にも使っていることが多いのでしょうが、ほかの利用の方法もあります。...

  • 駐車場の認定のよく解る情報

    • 自動車を使用目的で選ぶ

      自動車を選ぶ場合、まずどのような目的で自動車を使いたいかということから考えることが大切です。たとえば、大勢の家族が乗る機会が多いということであれば、ミニバンのような7〜8人乗りの自動車が便利です。...

  • 駐車場の認定についての考察・駐車場の認定を詳しく知りたいなら

    • 子供は自動車の後部座席へ

      小さな子供がいるという家庭では、自動車を利用して移動をするということがとても多くなります。公共機関では迷惑になってしまうということもありますし、荷物などが多いと、一人で赤ちゃんと共に公共機関に乗るというのは物理的に無理という場合もあるのです。...

    • シートアレンジが豊富な自動車

      最近では子育てをしている人に嬉しい機能が多い自動車がとても多くなってきています。自動車は子育てをする上で欠かせない物となっているということもありますので、子供を乗せ降ろししやすいようなスライドドアが両側に付いていたり、トランクルームが広めに設定してあることで、大きめのベビーカーもすんなり乗せることが出来るようになっていたりするという子育てする上で使いやすい機能が多くなっているという場合がとても増えてきているのです。...