• 子供は自動車の後部座席へ

    小さな子供がいるという家庭では、自動車を利用して移動をするということがとても多くなります。

    公共機関では迷惑になってしまうということもありますし、荷物などが多いと、一人で赤ちゃんと共に公共機関に乗るというのは物理的に無理という場合もあるのです。


    こういった場合、自動車での移動をすることが多くなるのですが、チャイルドシートを助手席に取り付けるという人がとても多いのです。

    子供からしてみると、親が近くにいることで安心感を得ることができますが、もし交通事故に遭ってしまった場合、子供は軽いため、チャイルドシートに座っていても、フロントガラスに頭から突っ込んでしまうという可能性がとても高くなるのです。

    駐車場の認定の専門サイトのこちらです。

    こういった事がないように、子供は自動車の後部座席に座らせておくことをおすすめします。



    慣れないうちは泣いてしまったり、不安がってしまうことも多いのですが、慣れてしまえば一人で大人しく座るということもできますし、それが普通になることで、子供の安全を守ってあげることができるのです。



    自分が運転している間に子供が泣いていると、どうしても気になってしまいますし、なんとか抱っこしてあげたいという気持ちにもなってしまいますが、長時間の運転でない限りは子供に慣れてもらうということを優先的に考えることが大切です。


    初めのうちは短時間の移動でもこまめに停車して抱っこしてあげたりするということも必要ですが、慣れてきたら停車の回数を減らしていくなどの工夫をすることで、子供も慣れるようになるのです。