勤怠管理システムには従来必要となっていた、タイムカードの情報を集計すると言った工数を削減することが出来るなどのメリットを持ちます。従業員は、社員証などのICカードをタイムカードの代わりに利用する事で、カードをかざした時刻がリアルタイムにサーバーに送信されるため、退社時の情報が入力される事で1日の所定労働時間が満たされているか否か、残業時間の集計が自動的に行われるため、勤怠管理に携わる従業員の工数を削減することが可能になります。しかしながら、サーバーを利用するため専門的な知識を持つ従業員が必要になるなど、管理面においてのコストがかかる事、サーバーの知識が無ければ構築が難しい、専用のソフトウェアを各社員のパソコンにインストールする必要が在るなど、様々な課題が生じる事になります。勤怠管理クラウドの場合は、クラウドコンピューティングを活用した勤怠管理システムであり、勤怠管理クラウドのサービスを提供している会社のサーバーを利用するため、サーバーに関する知識などが要りません。

更に、専用のソフトウェアを従業員全員のパソコンにインストールしなくても、サーバーにアクセスするだけで自らの勤怠や使用人から見た各従業員の勤怠をチェックすることが出来るなど、勤怠管理クラウドを利用する事で保守管理やソフトウェアのインストールと言ったことが不要になりますし、勤怠管理そのものの工数を削減することが出来ると言う魅力も持ち合わせています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です